【痩せるにはどうしたらいい?】それはストレス対策と体調管理が大事になります。

シェアする

痩せるにはどうしたらいいか!
1つ目はストレス対策・2つ目は健康管理
この2つを気を付けてダイエットをしていくことで、簡単に痩せる事は出来ると考えます。

今回は自分が対策している方法を紹介していきます。
参考になればと思います。

ストレス対策 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレスを発散させる運動

運動をする事が健康的にもストレスを発散させて、尚且つダイエットにもつながる一石二鳥の方法です。その中でも自分がおすすめする、ストレス発散に効果的な運動を紹介していきます。

サンドバックを叩く

実際に自分も家庭用のサンドバックを持っていますが、かなりいいストレス発散になります。
それに、楽しく運動出来るので、気分転換にもちょうどよくダイエット効果も抜群です。しかし、家でやると音がうるさくなるので、そこだけが難点です。

家庭用サンドバック

ちなみ今はこのタイプ

別でサンドバックを吊るす物も買うから高くなります。
ちなみにこれです。

全力で走る

全力で走る事でストレスを一気に発散できる効果があります。その上サンドバックを叩く時も同じですが、エンドルフィン分泌されて幸福感を得られます。
運動が終わった後は気分がよくなりストレスを忘れる事が出来ます。

ちなみにランニングと組み合わせて、途中途中で全力で走ると消費エネルギーも上がり、効率よく痩せれます。

それと走る前にはケガをしないように対策をしてください。

詳しくは(ランニング記事)にケガ予防アイテムを紹介しています。

ストレッチ

ストレッチをすることで、体に心地いい刺激を与えてくれてます。この刺激がリラックス効果を生み出して、ストレス緩和にもつながります。

たった三分のストレッチだけでも効果はあり、バランスボールを使うと尚いいです。

実際にバランスボールを使ってストレッチしてますが、筋肉を伸ばす事で心地いい刺激があり、気分転換になるのでおすすめです。
もちろんストレス緩和にもなっています。

掃除をする

部屋が汚いとストレスも感じやすくなります。その原因を取り除くためにも掃除は大事です。

詳しくは(掃除は最適なダイエット)に書いています。

運動以外のストレス解消方法

次に運動以外のストレス解消方法を紹介していきます。中にはダイエットにいいと紹介した内容も含まれていますが、ストレス解消にもいいので、もう一度紹介しています。

睡眠と水風呂

(睡眠と水風呂)の記事でダイエット効果を書きましたが、ストレス緩和にも関係しています。

しっかり睡眠を取る・水風呂に入る

これらはダイエット効果もありますがストレス緩和にもなるので、よかったら読んでみてください。

炭酸水を飲む

炭酸水を飲むことで、リラックス効果・疲労回復効果があり、これらの効果がストレス緩和につながります。

じゃどう炭酸水がリラックス効果・疲労回復効果があるか詳しく見ていきましょう。

・リラックス効果
炭酸水に含まれる炭酸ガスが自律神経に作用して、リラックス効果をもたらす副交感神経の働きを促してくれてくれます。このような働きがある事で、リラックス効果を得られてストレス緩和につながります。

・疲労回復効果
炭酸水は体内で二酸化炭素を発生させて、血液に吸収されます。

そうすると吸収された二酸化炭素は重炭酸イオンに変化して、体に溜まっている乳酸を中和して排出させます。

このように、疲労物質の乳酸を体内から排出させる事で、疲労回復効果が得られます。しかし、これは科学的根拠がないと言われていて、賛否両論別れています。

ちなみに、炭酸水を飲むことで血行を促進して、肩こりや筋肉のハリを緩和する効果は期待できます。

健康管理

腸内環境を悪化させない

腸内環境が悪化したら(便秘になる・肌荒れする・体重が落ちない・代謝も悪くなる)このようにストレスの原因になる上、痩せにくい体質になります。

だからこそ、痩せる為にも腸内環境を悪化させない事が必要です。

ではどのような方法があるか、紹介していきます。

サプリメント

ブログでも紹介しましたが(土壌菌サプリメントおなか畑)など、今ありとあらゆる腸内環境を改善するサプリが発売されています。

サプリを使い腸内環境を改善したりするのも一つの方法だと考えます。

不溶性・水溶性食物繊維を摂る

食物繊維には不溶性と水溶性食物繊維があります。これも詳しく見ていきましょう。

不溶性:胃や腸で水分を吸収して、便のカサ増しをしてくれます。そうすると、腸が刺激されてぜんどう運動が活発になり、便の排出を促してくれます。
しかし、不溶性食物繊維を摂取し過ぎると、腸閉塞になるので注意が必要です。

水溶性:水溶性食物繊維は水に溶けるとジェル状になり、便を柔らかくして排出しやすい状態にしてくれます。それに、水溶性食物繊維は善玉菌の餌になります。餌になる事で善玉菌は腸内で増えやすい環境になり、腸内環境が改善されます。

このように二つの食物繊維の効果を見ていくと、うまく組み合わせて摂取する事が、腸内環境を良くする方法の一つだと考えます。

栄養不足の筋力低下

ダイエットを行う上で食事制限は絶対すると思います。自分もします。
その時に注意するのが、栄養不足による筋力低下です。筋力が低下したら基礎代謝が落ちて、痩せにくい体質になります。
もし痩せる事が出来たとしても、リバウンドしてしまう可能性が高くなり、さらに太る原因になります。
そのようにならない為にも今回は筋力低下させない方法を紹介していきます。

プロテインを飲む

1つ目がソイプロテインを飲む!
ソイプロテインは主に大豆で出来ていて、筋力を維持するためによく飲まれています。自分も3ヵ月で15㎏以上痩せた時も、ソイプロテインを飲みながらダイエットを行っていました。

飲んでいたソイプロテイン

2つ目がホエイプロテインです。
ホエイプロテインは主に牛乳から作られる蛋白を使用しています。
筋肉を増やす目的で飲まれる補助食品であり、ダイエットをする上で筋力が少ない人におすすめです。

使っているホエイプロテイン
コスパ最強でタンパク質量が優れています
おすすめ!

このように目的によってプロテインを飲んで筋力低下を防ぐことも大事です。

水分を多くとる

筋力を低下させない為にも、こまめに水を摂る事が大事です。水をこまめに摂る事で血行が促進されて代謝も上がり、血液の循環もよくなるので、スムーズに筋肉に栄養が運ばれます。

最後

ストレス対策や体調管理!!
これがダイエットで最も大事な要素であり、痩せるにはどうしたらいいのかの答えだと自分は考えます。

この二つさえ対策していたら痩せるのは簡単です。

以上が痩せるにはどうしたらいいかの考えを書いていきました。
皆さんのダイエットの参考になればうれしい限りです。

最後まで見て頂きありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク